iPhone8のバッテリー交換費用を徹底比較!

iPhone8のバッテリー交換費用を徹底比較!修理費用

歴代のiPhoneシリーズの中でも人気があるiPhone8を今も現役で使っている方も多いのではしょうか?
そんなiPhone8も日本で販売が開始されて2年以上経ってるんですね。

そろそろ感じませんか?
電池がすぐになくなる!って。。

5G対応の機種も今年の秋に発売されるし今買うのもなぁ、いやっ!そもそもまだ使えるし。
そうです、まだ使えるならバッテリーを交換して使いましょう。

修理費用は人それぞれ?

バッテリー交換をするなら5つの方法があります。
Apple Store
Appleの正規サービスプロバイダ
携帯キャリアの直営ショップ
非正規の修理業者
Naoso-なおそ-
でも、皆さん保証に入っていたり、データは残したかったり、できるだけ安くしたかったりで
色々希望や状況が違うからどうすればいいかよくわからないと思います。
そこで、Naoso-なおそ-の基本であるシンプルにわかりやすくまとめました。
(2020年4月20日現在)

保証に加入している!

AppleCare+ for iPhone、キャリアの保証に加入している場合は無料で交換できるので迷わず保証を使いましょう!
ただしデータは消えます。修理を依頼する前にバックアップを取っておきましょう。
修理期間は、基本的に即日対応ですが予約をしないとすごく待つ可能性があります。


また、状況によっては結局修理センターに送って5〜7日掛かることも。
詳しくは、アップルまたはキャリア(au・ソフトバンク・ドコモなど)に
直接確認したほうが確実です。

Appleの正規店がいい!

保証はないけどちゃんとしたAppleの正規店でiPhone8のバッテリーを交換したい場合は、
AppleストアやAppleの正規サービスプロバイダがおすすめです。
費用はAppleストアが5,400円(税抜)、正規サービスプロバイダはお店によって違いますがほぼAppleストアと同じくらいの費用になります。

ただし、こちらもデータは消えます
修理期間も、基本的に即日対応ですが予約をしないとすごく待つ可能性があります。

とにかく安く!

保証が切れているまたは入ってない場合は、街なかで見かける修理店だと安く修理できます。
お店によっては2,000円(税抜)くらいのところも!データもそのままで即日対応のところがほとんどです。
ただし、アプリのインストールやどこかの会員になることで安くしている場合もあるので、解約を忘れると毎月料金が掛かってしまいます。
これって結構面相くさいし、ちゃんと解約できたのか不安ですよね。

また、送料を負担したり防水シールなどのオプションが必要だったりで最終的に支払う金額がわかりずらいことも。

Naosoなら安くてかんたん!

Naosoはわかりやすく簡単に修理ができることを目指しています。
費用は4,800円(税込)と弊社に送る際の送料だけです。

他と比べると高いと感じるかもしれませんが、Naosoの料金は消費税込みの金額を表示しています。
それだけではなく、ご返却時の送料防水シールフレームが歪んでいた場合の修正
修理に必要なものはすべて含んでいます

最安価格ではなく、郵送での修理専門ですので即日対応ではないですが、迷うことなくシンプルでわかりやすいので安心して修理のご依頼をしていただけます。

修理のご依頼方法はこちら

【組み合わせでもっと安く】
バッテリー交換と画面修理、2台交換したいなど複数のご依頼の場合は
¥1,000offでお得!

タイトルとURLをコピーしました